お知らせ

国交省、テレワーク実態調査結果を発表

国交省、テレワーク実態調査結果を発表

調査は20年11~12月に就業者を対象に約4万人にインターネットを使って実施。テレワークで働く人の割合は19.7%と前年度から倍増した。テレワークを行う場所は約90%が「自宅」と回答したが、自宅で実施して悪かった点は「勤務状況が厳しくなった」などが挙げられた。自宅でのテレワークの今後の課題としては、業務効率の低下や勤務の長時間化、室内の環境整備などの問題を解決していくことだと考えられている。

前の記事へ
お知らせ一覧へ
次の記事へ