管理/リノベーションTOPICS

在宅によるインターネット遅延クレーム急増

在宅によるインターネット遅延クレーム急増

新型コロナウイルスの影響で在宅時間が増え、賃貸住宅のインターネット環境に関するクレームが急増しています。入居者からのクレームの多くは回線速度が遅く、満足にインターネットが使えないという内容です。要因としては、使用しているプロバイダーの混雑が挙げられます。回線に繋げられる量には限界があるためユーザー数が増えるほど混雑が起こり速度が遅くなります。また、建物内の設備更新がされていないケースも考えられます。通信速度は年々高速化が進んでおり、対応できる設備に更新していない場合も速度遅延の要因となり得ます。特にインターネット無料物件で多い、1つの回線を分配している集合住宅は混雑が起こりやすくなっているようです。

前の記事へ
管理/リノベーションTOPICS一覧へ
次の記事へ