賃貸TOPICS

敷金の返還義務が明文化

敷金の返還義務が明文化

2020年4月1日に消費者契約に関するルールを定める債権部分が改正されます。賃貸契約に関する内容では、①個人保証の限度額を明記すること、②敷金の返還義務が定義付けされること、③室内設備故障時に家賃減額をすることです。①は連帯保証人は保証の限度額を定めることになります。②は原状回復のガイドラインが法律に明文化され、賃借人に負担を課す場合は特約の締結が必要になります。③はエアコンや水回りなどの居室設備などが損失し使用できなくなった場合は、賃貸人は家賃の減額をする必要が出てきます。

前の記事へ
賃貸TOPICS一覧へ
次の記事へ