管理/リノベーションTOPICS

銅管の給湯管は要注意

銅管の給湯管は要注意

2000年以前に建てられた建築物は、給湯管に銅管を使用されているケースが多く、その耐用年数は30年程度と言われていますが、それよりも早期に劣化することがあり、たびたび水漏れの原因になっています。管内を流れる水の温度や、過大な流速による摩擦で配管の表面に小さな穴が開く「ピンホール現象」が発生し、そこから配管の腐食が進行するためです。現在は、樹脂製の架橋ポリエチレン管やポリブデン管を使用するのが一般的で耐用年数は30~40年と言われています。

前の記事へ
管理/リノベーションTOPICS一覧へ
次の記事へ