管理/リノベーションTOPICS

AI清掃ロボット

AI清掃ロボット

ソフトバンクのAI(人口知能)を搭載した床清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」をご紹介します。全高は約65cmと小型で、事前に同機を手押しし、清掃エリアの地図データを作成・記憶させておけば、起動時に記憶した地図データを基に清掃ルートを自動走行する仕組みです。清掃ルート上に人・障害物がいても、搭載された複数のセンサーが検知することで、回避しながら清掃を続けることができます。なお同機は、1時間で500平方メートルの清掃が可能で、1回の充電で3時間稼働できるようです。例えば、オフィスビルの警備員は一日15~20キロもの距離を歩き、施設内に何か異常がないかを確認しています。そうした日々の反復業務をロボットに任せようとする動きが徐々に進んでいくでしょう。

前の記事へ
管理/リノベーションTOPICS一覧へ
次の記事へ